結婚式の服装のマナー

社会人になると、徐々に結婚する友人が増えてきます。そのため、結婚式にゲストとしてお呼ばれすることも多くなってきます。そんな時、男性はスーツを着れば大丈夫なのですが、女性は男性のように結婚式にスーツを着ていく人はいません。基本的にはドレスなどのフォーマルなスタイルか着物のような正装で参加するのが常識です。でも、どんなドレスでもいいというわけではありません。最低限のマナーというものがあります。最近ではこのマナーもそこまで気にされなくなっていますが、やはりドレスを選ぶ時には最低限のマナーは知っておくべきです。まず、女性のドレスはノースリーブのような肩が出るようなデザインを着る場合、肩を隠せるような羽織や、ショールのようなものも用意する必要があります。挙式などの神聖な儀式の時には露出は控えるのがマナーです。そして、ドレスの色もなるべくなら白以外が良いとされています。なぜなら、白は花嫁が着るウェディングドレスの色です。主役の花嫁を引き立たせるため、なるべく白以外が好まれます。結婚式に参加する時にはこのような最低限のマナーは守るようにするべきです。